コンピューターのバージョン

コンピューターを更新

コンピューターに必要な事前確認

コンピューター(パソコン、スマートフォン等)に何かしらのソフトウェアをインストールしようとしたときに失敗する要因の多くは、オペレーティングシステムとソフトウェアのバージョンが合っていないことです。つまりオペレーティングシステムが新しい、もしくは古いので、インストールしようとするソフトウェアに対応していないということです。オペレーティングシステムは、基本ソフトと呼ばれることもあるコンピューターの基本動作などのルールや手続きを決めている重要なものです。ソフトウェアに対応していないということは、正常に基本動作が出来なくなるということです。だからバージョンの事前確認は必要です。

寿命

バージョンの確認方法

コンピューターと一言で言ってもハードウエアとソフトウエアでは見た目も内容も大分違います。ただし、ハードウェアもソフトウエアにもバージョンが存在しており、それぞれ確認する必要性に迫られることがあります。ソフトウエアとハードウエアに組み込まれているソフトに関しては「バージョン情報」を見ることで確認できます。コンピューターは複数の部品から成り立っており、パーツ毎の細かい把握が難しいものでもあります。パーツ単体で購入した場合には説明書が添付されていることもありますが、製造番号から把握するという最終手段も存在します。商品サイクルが短くなっていることもあり、昔ほど気にする人は少なくなりました。

↑PAGE TOP